知っていましたか?皮脂は水分不足でも分泌されます

自分のお肌は油分の多いオイリー肌だと思い込んでいませんか?実は肌の水分が足りないと、「お肌を潤さないと」と肌が過剰に皮脂を分泌してしまうんです。それによって夕方になると顔が油っぽくなってお化粧崩れなどを起こしてしまいます。
オイリー肌だと思い込んでさっぱり系のスキンケアを行うと、水分不足が解消されずに、皮脂だけが分泌されてニキビにつながる等の悪循環になってしまいます。水分や油分を適度に補給して、皮脂の過剰な分泌を抑えましょう。

コットンだけでOK!簡単にできるコットンパック

では、水分と油分をお肌に浸透させましょう。そのためには新しいお化粧品やパックを購入する必要はありません。いつも使っている化粧水と乳液、そしてコットンがあれば大丈夫です。
まずは化粧水をコットンに浸してパックをして、水分を補給させます。その後、いつも通りのスキンケアを行いましょう。これを週に1回程度行い、様子を見ましょう。
それでも油分が多いと感じる場合は、逆に油分が足りない可能性があります。そんな時は乳液パックを行いましょう。化粧水の後にコットンに乳液をしみこませてパックをしましょう。この時に乳液が肌にぐんぐんと浸透していく場合、実は油分が不足して皮脂が分泌されていたことになります。

それでも気になる場合は、収斂化粧水で油分を抑えて

それでも皮脂が気になる場合は、収斂化粧水を使用するようにしましょう。方法は、乳液のあとに収斂化粧水をパッティングするだけ。その日の肌のコンディションに合わせて使用しましょう。
また、季節に合わせて梅雨から夏にかけて収斂化粧水を使用するけれど、乾燥するシーズンは使用しないなど、気温や湿度に合わせて使用することによって皮脂をコントロールすることができます。

品川美容外科の訴訟について詳しく